育毛剤に含まれている成分をチェック|人気の製品がおすすめ

遺伝に負けない発毛治療

鏡を見る人

遺伝的要素で決まる理由

若くして薄毛に悩み方もいれば、年齢を重ねても薄毛にまったく悩まない方もいます。個人差が非常に大きい薄毛は、遺伝的要素でほぼ決まってしまいます。特に母方の遺伝的要素が強く、母方に薄毛の方がいる場合には要注意です。しかし、遺伝的要素だからといって諦める必要はありません。ある酵素の働きを抑制することで、誰でも薄毛を改善できます。男性の頭部には、誰にでも5αリダクターゼと呼ばれる酵素が存在しています。この5αリダクターゼは脱毛物質であるジヒドロテストステロンを生成してしまい、男性の薄毛を引き起こします。5αリダクターゼの作用の強さは遺伝的要素で決まってしまうため、薄毛は遺伝で決まると言われているのです。そのため、男性の薄毛を改善するためには、5αリダクターゼの作用を抑制する育毛剤を使用することをおすすめします。

2つの成分を使用しよう

5αリダクターゼを抑制する育毛剤では、ノコギリヤシエキスが配合された商品を強くおすすめします。前立腺肥大の治療に用いられた際に、5αリダクターゼを抑制する効果もあることが分かったのがノコギリヤシエキスです。ハーブの一種であるため、副作用の心配はありません。また、市販の育毛剤にも配合できるため、気軽に使用しやすい特徴を持っています。ノコギリヤシエキスが配合されているかを確認し、育毛剤を購入することをおすすめします。また、既に5αリダクターゼの作用により脱毛物質が生み出されている場合には、ホップエキスがおすすめの成分です。薄毛や抜け毛が気になり始めてある程度の年月が経っている方は、脱毛物質が既に生成されている恐れがあります。ホップエキスは脱毛物質の働きを抑制する効果があるため、ノコギリヤシエキスと伴に使用したい成分です。